読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(2016/ 7/31) J2 清水ー岐阜 ○ 2-0

サッカー

4年ぶりの日本平だった。さらに初J2。でも、もろもろ4年前とあまり変わらなかった気がする。(誉めてる)

メンバーは杉山、ビョン・ジュンボン、角田、松原后、キム・ボンヨン、河井、竹内、石毛、枝村、白崎、チョン・テセ

見てる間はメンバーがさっぱりわからなく。主力が4人くらい痛んでるのを聞いた。大前、西部あたり。序盤、最初に名前を覚えたのはビョン・ジュンボン。手堅いCB。次にキム・ボンヨン。昔懐かしいタイプのSB。逆サイドの松原后もいいらしい。

その他は、前からいる選手ではあった。

しかし、開始から20分くらいはJ2らしさ全開。全員が引いて守る岐阜にたいし、パスをまわすだけみたいな... 眠くなってきたところで最初のチャンスは、竹内がPAサイドからドリブル突破、最後はチョン・テセが決めて先制。その後はいい感じで動き出てきた。

後半最初の方の支配率が高い時間帯で追加点が取れなかったのは難点かも。結局、チョン・テセのふりむきざまスーパーゴールで2-0。

5位浮上、次は首位札幌と直接対決。

初めて勝ちロコ見た。