読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さよならの儀式 ★★★☆☆

 久しぶりに創元の年間日本SF傑作選を読んでみた。

 新規に読みたいSF作家を探す、という初期の目的に対しては、さすがにこちらも擦れてきたというか、該当は創元SF短編賞の「風牙」だけかも。小説が巧いので、読んでるときには、サイコダイバーものでSFとして新味に欠けるとか気づかなかった。この人のは新作が読みたい。

次はマンガ「箱庭の巨獣」。作品集が出てるみたいなので、ちょっと読んでみたい。

あとは...オキシタケヒコ「エコーの中でもう一度」。こういう渋いSFは好きではあるが、様子見。

巨匠たちについては、冲方丁「神星伝」。凄い。ニンジャスレイヤーめいてカッコイイ。これは使い捨て設定にしないで、何か膨らませて欲しいのだが...

円城塔「イグノラムス・イグノラビムス」。久しぶりに自分でもわかるわりとストレートなSFだった。あと、藤井、酉島、宮内さんあたり、手堅い。

なお、一部のダメダメ諸作が全体評価を押し下げている。