読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天冥の標 VII ★★★☆☆

 円環は閉じられた?

天冥の標VII 新世界ハーブC (ハヤカワ文庫JA)

天冥の標VII 新世界ハーブC (ハヤカワ文庫JA)

 

 ====

 シリーズで見たら凄いな~と思うが、この巻単体だと、特にSFとしては微妙に弱いかな。というか、大きな謎が持ち越されたので... (追記:SFとして云々は、あくまで俺様基準だな。こういう設定できっちり書くという観点では、やはり小松左京に近い作家性だな。と、偉そうなことを思った。ということで、辛めの★3には変更なし。)

こどもたちのサバイバル編。序盤から中盤は『漂流教室』を思い浮かべたが、さすがにこの子たちには、ロボットやら何やらのSF的リソースが豊富だった。なによりノルルスカインが再登場し支援。そして1巻に概ねつながり、大きな謎の一つは解けたのだった。

再度、副題を見れば、この巻だけは終着点が最初から見えていたので、意外性は少なかった。シリーズの構成上、このような巻が1冊は在ることはやむを得ない。