読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みずは無間 ★★★★☆

第 1回ハヤカワSFコンテスト大賞。わかりやすい円城塔って、的確なキャッチだなあ。(実際の文言と違った)
「バナナ向きには最適な日々」みたいな展開から、暴走しはじめる第 2部が好き。第 3部からラストにかけて、オチが読めると言ったら読めるが... 宇宙規模の私小説と言うか、円城塔には無い抒情? 恋愛描写の普通っぽさとの対比が凄い。しかし、準主役のみずはは、表紙画は痩せすぎ。途中からハリセンボンの春菜に脳内イメージが変更。「そんなにデブじゃねえわ!」